CONTENT

CONTENT

コンテンツ

FLOW TO CONTRACT

お部屋探しから契約までの流れ

お部屋探しから内観までの流れ

STEP.01 お部屋の条件を決めましょう!

POINT①:毎月払う家賃(予算)を決める
POINT②:住みたい地域、最寄り駅を決める
POINT③:こだわりの条件を決める


まずは理想のお部屋をイメージしてみましょう。
ただ、条件が良くなれば良くなるほど家賃も上がっていきますので、
予算の範囲で譲れない条件を絞っていくといいでしょう。

STEP.02 お部屋を見に行きましょう!

予算・条件が決まったら、物件を検索してみましょう。
ネット上にはたくさんの物件がありますのである程度絞り込んで探すと 良いでしょう。
条件などが多くなかなか決まらない方は当社スタッフにご相談頂ければ、
お客様に合った物件をご紹介させて頂きます。

STEP.03 物件を探してみましょう!

気になる物件が見つかったら、実際にお部屋を見に行きましょう!
インターネットの写真や資料ではなかなかわからないこともありますので、
しっかりお部屋をチェックしましょう。また、お部屋の中だけでなく周辺環境などもチェックするといいでしょう!

申込から契約、鍵の引き渡しまで

STEP.01

気に入ったお部屋が見つかったら、入居申込書を記入しましょう。
ご記入頂いた入居申込書を元に、入居審査が行われます。
また、今後の手続きの流れや必要書類などをご説明致します。

STEP.02

入居審査が終わりましたらいよいよ契約となります。
ご契約頂く際に必要な書類・金額をご準備ください。 詳しくは当社スタッフがご説明致します。

STEP.03

来店日のご予約をお願いします。
当日は宅地建物取引士から重要事項の説明、賃貸借契約の説明を行います。
説明が終わりましたら鍵の引き渡しとなります。これにて契約は完了となります。

QUESTIONS

よくある質問

お部屋探しについて

駅から○○分とはどのくらいの距離ですか?
1分で80mの歩行で換算しています。概ねの時間と考えて下さい。
道路の信号待ちや踏切の電車待ちの時間は含まれていないので、
実際は表示より時間がかかるのが一般のようです。
ホームページに掲載している物件しか紹介してもらえないのでしょうか?
そんなことはありません。基本ホームページにすべての物件を載せることができません。
実際にお部屋が空いていても、「インターネット掲載不可」の物件等も多数ありますので、まずはお問い合わせ下さい。
遠方に住んでいるため、1日でお部屋さがしをしたいのですが可能でしょうか?
可能になります。来社していただく前にお電話やメールで希望条件などをご相談ください。
当社にてお客様に合う物件をご用意させて頂きます。
また、インターネットであらかじめ希望物件を絞り込んでおくのもオススメです。
あらかじめ、希望する物件を探しておいてもらえますか?
もちろん可能です。メールもしくはお電話にて希望条件をお伝えください。
当社スタッフが物件をお探し致します!
物件はいつ頃から探したら良いのですか?
だいたい住む1ヶ月~2ヶ月位前から探し始められるのが一般的です。
できれば余裕をもってお部屋を探しましょう。
部屋の改築や改造はできますか?
基本的にはできません。退居時には「原状回復義務」があり、入居時の状態にしなければいけません。
例えば、エアコンをつける時に壁に穴をあけるなどの工事も、必ず許可がいります。
基本何かしようと思った場合は管理会社に相談してください。
入居審査とはどういったものですか?
契約前に大家さん、不動産(管理)会社、審査会社が契約者に対しての内容を、入居条件にあてはめて審査をします。
連帯保証人は誰でもいいのでしょうか?
原則は親族でかつ、30~60歳前後の一定の年収がある方になります。

GLOSSARY

用語集

Rental contract

賃貸契約編

契約期間
一般的に首都圏では賃貸契約期間は2年間が多いです。
契約期間後は更新手続きを行います。
仲介手数料
仲介を受けた人(契約者・大家)が仲介をしてくれた人(不動産会社)に支払う手数料です。
契約者・大家双方合計金額が家賃の1ヵ月分を超えてはいけません。
(借主又は貸主が1ヶ月分支払う事が、宅地建物取引業法で決められている。)
更新料
契約期間が満了して引き続きそのまま住む場合に支払うもの。一般的には家賃の1ヵ月分が相場です。
ただし、ある一定の住宅金融公庫融資物件(公的機関により一定の基準を満たした融資)は更新料はいりません。
(更新事務手続き(事務手数料)として大家さん、入居者から数万円程度の費用負担の場合もあります)
礼金
昔からの慣習で契約時に大家さんに対してお礼の意味を込めて支払われるもの。
現状では、空き部屋が多くなり、地域にとっては礼金をとらない大家さんも増えています。
また、更新料と同じように一定の住宅金融公庫融資物件にはありません。
敷金(保証金)
契約時に大家さんに支払う(預ける)もの。(地域、店舗・事務所契約によっては保証金と言う表現で代用される)
大家さんが家賃の未納等の補填に当てるもの。また、退室時の補修(現状回復)等に引かれることがあります。
前家賃
翌月分の家賃を当月に支払うことです。例えば7月の場合、6月の末に7月分の家賃を支払います。
家賃支払方法、支払期日等は契約書で確認してください。
共益費(管理費)
建物の共用部分(共用灯、エレベーター、オートロック等)の電気代、清掃代などに充てられる費用のこと。
契約する時には、家賃と共益費を足して賃料と考えた方が良いでしょう。
鍵交換料
鍵の交換費用です。
最近ピッキングの言葉がよく目立ち、多くの物件がその対象物なので、これを勧める不動産会社が多いです。
火災保険料
賃貸生活中に火災や水漏れが起こった際に、被害に遭った家財等を対象とした保証のこと。
保険の内容は様々なので不動産会社、保険会社に聞いてみましょう!一般的に契約期間内を対象にしています。
入居審査
契約前に大家さん、不動産(管理)会社、審査会社が契約者に対しての内容を、入居条件にあてはめて審査することです。
重要事項説明
宅地建物取引業法によって、説明義務等を定められており、契約をする時に契約の内容・建物の内容・条件・特例等を、
書面にして説明をすること。宅地建物取引士が説明を行います。

Facility

設備編

1R
主に居室が1つで、キッチンとの仕切りがないタイプです。
○K
主に居室が1つ(始めが2であれば居室が2つ)と、キッチン(4~4.5畳未満)で仕切りがあるタイプです。
○DK
主に居室が1つ(始めが2であれば居室が2つ)と、ダイニングキッチン(4.5~8畳未満)で仕切りがあるタイプです。
○LDK
主に居室が1つ(始めが2であれば居室が2つ)と、リビングダイニングキッチン(8~10畳以上)があるタイプです。
ウォークインクローゼット
主に人が入れる程のスペースで、衣服を収納するための小部屋、洋風の納戸です。
追い焚き
主に浴槽の湯が冷めた時に沸かし直す機能。高温差し湯式や、循環式があります。
オートロック
主にマンションのエントランスにドアを設け、常時施錠された状態で、
来訪者はインターホンで訪問先の住人に連絡し解錠してもらってから建物に入れるシステム。
入居者が入館するときは、暗証番号または鍵で解錠することができます。
クッションフロアー
主に床が塩化ビニール製で出来ており、柔らかく音も響きにくいです。
キッチン部分、脱衣所等の水周りに多く使われているが、
最近はフローリング柄のタイプがあり、居室部分にも使われることが増えています。
フローリング
主に床が板張りになっているものです。最近はいろんな色がありおしゃれなものがあります。
ただ、音が響きやすく、キズがつきやすいのが難点です。
シャンプードレッサー
主にハンドシャワー等が付いていて、洗面台でシャンプーができるものです。
洗面台の掃除もラクチンです。
ロフト
主に天井を高くして、一部を二層にしてはしご等を設置し屋根裏部屋みたいなもの。
ベットスペースとして利用する人が多いようです。
BT別(バストイレ別)
主にバス・トイレが別れているタイプのこと
UB
主にユニットバスの略語で、すでに工場で加工されたものを現場ではめ込むだけになっているもの。
一般的にトイレ、洗面、お風呂が一体になっているものをさすが、本当の意味は違うのです。

Construction

構造編

木造
主に柱や梁などの主要部分に木材もしくは木質材料を用いた建築構造。
通気性の良さが特徴のひとつで柱と梁で組む在来工法をはじめ多様な工法があります。
RC造
主に鉄筋コンクリート造の略称で、鉄筋は引張にコンクリートは圧縮に抵抗するよう組み合わせ、強度を高めた構造です。
S造
主に鉄骨構造の略称で、構造用圧延鋼(軟鋼)を部材に使用し、ボルトなどを用いて接合・組み合わせる構造です。
鉄骨構造は、じん性 (ねばり強さ)に優れているために耐震性が有り、RC造りに比べて軽量です。
SRC造
主に鉄骨鉄筋コンクリート造のことで鉄骨を組んだ柱、梁の周りに鉄筋コンクリートを被せた構造です。
打放し
主に壁などが、コンクリートを打ち込んだままでクロス等貼っていない仕上げになっているもの。
エントランス
主にマンションやビルの入り口部分のこと。
ピロティ
主に建物の1階部分が駐車場やエントランスになっていて住居がない1階部分の場所のこと。
採光・通風が良くない土地に使われているそうです。